携帯電話でご覧の方はこちらへ

埼玉で離婚の法的サポートを受けるなら川口市民法務事務所

ごあいさつ

離婚を検討しているあなた、
離婚は結婚に比べると遥かに気力と体力がいることでしょう。
今後の人生に漠然とした不安を抱えていらっしゃる方も
多いと思います。
私たちは、そんな人生の岐路に立っている
あなたのお力になりたいのです。

離婚の前に決めておくべきことはすべてちゃんと決めましたか?
慰謝料・養育費・財産分与・年金分割など、
ちゃんと実際の相場を調べてから決めましたか?
今後、毎月きっちり払ってくれるか不安はないですか?

お二人が離婚するしないで、平行線をたどっている場合、
お子さんの親権をめぐって、お互い一歩も譲らない場合、
そんな場合は、弁護士さんに頼むしかないと思います。

でも、お二人が離婚に向けた話し合いをすることができる状態の場合、
今後のことをちゃんと考えて、あとで嫌な思いをすることがないように
お二人の離婚を法的にサポートする、そんな人をお探しではないですか?



当事務所の提供するサービスは、

  • (1)離婚に際して協議しておくべきことをアドバイスします。
  • (2)慰謝料・養育費・財産分与・年金分割などについて、
       実際の相場などの具体的な情報を提供して離婚協議をサポートします。
  • (3)合意した内容を離婚協議書という文書にまとめます。
  • (4)離婚協議書を公正証書にして後日のトラブルを防止します。
  • (5)不動産の名義変更を伴う場合、税金面を考慮して登記を入れます。
  • (6)どうしても合意できない場合、離婚調停申立書を作成して申立をサポートします。

当事務所は、お二人の新しい人生の再出発を法的にしっかりとサポートいたします。




無料相談のご予約をされる場合は 無料相談予約フォーム
当事務所の離婚手続費用を知りたい場合は 費用
一般的なご質問は FAQ
具体的なご質問は お問合せフォーム


川口市民法務事務所 代表:認定司法書士・行政書士 松本淳

離婚協議とは?

「協議」という名がついているばかりに何か特別な対処法のように思えますが、
協議離婚とは調停や裁判などを通さずに話し合いだけで離婚を成立させることで、
実際は離婚する夫婦の90%以上が離婚協議を経ています。

離婚協議を成立させるには、
離婚について夫婦間で合意を得ていることが最大にして唯一の条件になります。
これがスムーズにいかない場合は、
調停離婚(9%)、裁判離婚(1%)という方策をとることになります。

エネルギーを消耗する離婚協議

離婚協議は気力と体力を要するもの。
式場の手配やらで数ヶ月をかけて行う結婚準備も大変だといわれますが、
離婚のほうがよほどエネルギーを使います。
これからの明るい未来を形づくっていくよりも、離別するための手はずを
親族や友人などの関係者に気を遣いながら進めるのは神経をすり減らす作業です。

離婚は、離婚届に判を押せばすむことではありません。

  • ・慰謝料の金額と支払い方法
  • ・財産分与
  • ・子どもの親権(監護者)
  • ・養育費
  • ・引っ越し
  • ・周囲への報告

などなど、たくさんの事柄について話さなければなりません。
それも、一時の感情で適当に済ませるわけにはいかず、
少し先の生活という現実を見据えた冷静な判断が求められます。

離婚原因によりますが、多くの場合は感情的になりやすく、話し合いはこじれやすいもの。
また、できるだけ早く終わらせようと気が急いてしまうと、後に後悔してしまうこともあります。
そんなときには、客観的かつ中立的な立場の第三者が必要であり、
以降のトラブルを避けるためにも法的根拠をともなった協議を進められる法律の専門家への
サポートを検討されることをおすすめします。

離婚協議書の作成

離婚協議で話し合われる、金銭的な話や子どもの親権・養育費などについての話は、
離婚協議書などの合意文書として書面に残しておきましょう。
それも、法的効力を持たせられる強制執行承諾文付きの公正証書であることが重要です。

公正証書とは?

名前からも分かるとおり公的な証書であるため、万が一トラブルが起きたときには証拠として強い効力を発揮します。「書面にある内容通りに支払いをしない場合には強制的に執行されても異議を申し立てない」という宣言をすることもできます。

離婚協議書作成のメリット

離婚協議書を作成しておけば、離婚成立後の「言った・言わない」のトラブルを防ぐことができます。もしトラブルが発生してもスムーズに解決しやすく、精神的なダメージや投げやりになっての不利益という事態を防ぐことができます。

  • ・養育費の支払いが滞ってしまったけれど、元夫に催促しても支払ってくれない
  • ・面接交渉権(親権を持たない親が子どもに会うことのできる権利)を
      設定していなかったがために、「子どもを隠して会わせないようにした」と詰め寄られた
  • ・財産分与の認識が違っていて、思っていたほど受け取ることができず、
      その後の生活が苦しい

など、さまざまなトラブルや不利益をひとつでもなくすために離婚協議書が非常に重要な役割を果すのです。とにかく判を押して別れたいという方もいらっしゃいますが、たとえお互いにマイナスの感情を持っていたとしても、モラルある対応をとり、ルールに則って離婚協議を進めることが大切です。自分自身はもちろん、相手や大切なお子様の今後の人生にとってもプラスであることを十分に認識しておくことが大切です。

埼玉川口にある川口市民法務事務所は、
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・所沢市・川越市・越谷市などを中心とした
埼玉県近郊にお住まいの方からの離婚協議に関するご相談をお受けしています。
ご相談は無料です。

当サイト運営事務所

川口市民法務事務所のホームページ

埼玉県川口市
認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士事務所
川口市民法務事務所

http://www.office-kawaguchi.jp

事務所は埼玉県川口市にございますが、県内・都内の方はもちろん相談によっては全国からのご依頼に対応できます。登記、債務整理、その他法律に関するご相談は無料で承っておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

川口市民法務事務所アクセスマップ

ブログ「債務整理と過払い金の事例100撰」

年中無休で受付中

お問合せ

フリーダイヤル0120−232−242

− 主要営業エリア −

埼玉県

さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、久喜市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、騎西町、北川辺町、大利根町、宮代町、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町、松伏町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

東京都

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国立市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、青梅市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

千葉県

千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、館山市、木更津市、銚子市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市

神奈川県

横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、小田原市、相模原市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市

認定司法書士・行政書士
土地家屋調査士
川口市民法務事務所

〒332-0034
埼玉県川口市並木2-37-2
TEL 048-240-4620
FAX 048-240-4621

COPYRIGHT (C) 2007 -2013 Kawaguchi Civic Legal Office. ALL RIGHTS RESERVED.